NEWS

ニュースリリース

2018年06月01日

今日は施設開所40周年記念日です

 今日を遡ること40年前、昭和53年(1978年)6月1日、
当法人はこの地に市内初の特別養護老人ホームを開設しました。

当時、65歳以上の高齢化率は6%~7%の時代、
老人福祉法で新たに制度化された「特別養護老人ホーム」
将来の高齢者支援の切り札として、様々な困難を乗り越え
地域のご協力の基、職員22名による50床の施設を開設しました。

当時の特養老人ホームの入所要件は、65歳以上で身体上、精神上著しい障害があり
常時介護を要し、家庭で介護が困難な高齢者を行政が、入所を決定するという
行政処分の措置という入所形態でした。

現在の様な介護判定制度は無く、自立度の高い方も入所されていて、みんなでわきあいあい
介護士さんも専門職制度は無く、勉強しながらの介護に葛藤した毎日でした。

その後、須坂拠点を開設、長野拠点との2拠点体制となり、介護保険制度の施行で、
現在は、保育や児童福祉への展開も含め、35の事業所を運営し480名程の職員組織で
地域福祉に邁進しています。

今日まで、簡単な道のりではなく、決して一言では言い尽くせません。多くの職員、関係者、地域の皆様、縁のあった
入居者さまと共に強く頑張って歩んだ40年でした。この日を無事迎えられことに感謝、感謝でいっぱいです。

本日は節目を迎えた職員表彰や元気で過ごされている入居者さまのお祝い、そして楽しいゲーム大会をしたり
思い出の日を過ごしました。

これからもきっと厳しい時代もあるかも知れません、みんな健康で知恵を絞って、
また新たな時代を歩んで行きましょう。

みんなで万歳!!おめでとう。