NEWS

ニュースリリース

2018年02月24日

ボランティア懇談会の開催

 やすらぎの園では、様々なボランティアさんが日々沢山活躍しています。
本日はその皆様を一同に介して、感謝の意を表す日、ボランティア懇談会を開催しました。

1/日々施設の喫茶コーナーでコーヒーを煎れ提供していただく「喫茶店マスター」のボランティアさん。
2/懐かしい童謡と唱歌の合唱の後、様々な季節の折り紙を折って楽しむ「童謡と唱歌」のボランティアさん、
3/信濃の国や埴生の宿など昔歌った様々なメロディーをハーモニカの音色と共に奏でる「ハーモニカ」ボランティアさん、
4/本格的な衣装で社交ダンスを披露して一緒に踊りる「社交ダンスクラブ」のボランティアさん、
5/被服の繕いや不要な生地でぞうきんなど縫って提供して戴く「ぬいもの」ボランティアさん、
6/季節の華やかな花々を一人づつの剣山に植えて、一人一人できばえを楽しむ「生け花」ボランティアさん、
7/日本人らしく筆字を学び、季節の文字を書く書道の先生による「書道習字」のボランティアさん、
8/自作の紙芝居を通りの良い声と共に上演し、日本の歴史や現代の問題などを優しく学ぶ「紙芝居」ボランティアさん
 等々様々な面々が集い、日頃活躍の中での思いを語り合いました。

 入居者さんとのふれあいの中で思わぬ事を学んだり、感動したり、まずは活動する自身が蘇ったり
の長期の活躍の中で多くのエピソードを紹介戴きました。
ボランティアさん同士の横のつながりも深まりました。
楽しく、自分らしく、生き生きと過ごす事の大切さを教えて戴きました。

 今日のお楽しみは「社交ダンス」クラブの皆様によるダンスの披露とダンス教室を開催しました。
和気藹々でとても楽しい時間でした。

一緒に施設の食事を楽しみ、最期はみんなで合唱し明日からの鋭気を養いました。

こういう時間がとてもいとおしく感ずる素敵な時間を過ごしました。
やすらぎの園ボランティアさん万歳!!
有り難うございました。